FC2ブログ
THE芸能NEWS画像がいっぱい
アダルト50ニュース50で更新中!!!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恩師苦しい心情激白…同志社大ラグビー部員レイプ未遂
同志社大

「レギュラーが遠くても、自暴自棄になるタイプじゃなかった」-。同じ大学の女子学生(20)を、わいせつ目的で車に連れ込もうとしたとして、わいせつ目的略取未遂の疑いで逮捕された名門・同志社大学ラグビー部の部員3人。このうち年長者で軽乗用車を運転していた男(20)の母校、静岡聖光学院中高等学校(静岡市)で、長年ラグビー部の監督を務めてきた恩師の杉森正弘教諭(50)が、夕刊フジの取材に対し、「人づき合いのよさから、暴走のストッパーになれなかったのではないか」と苦しい心情を吐露した。

静岡聖光学院は中高一貫教育の進学校。全体の約3割が寮生だが、同校の関係者によると、容疑者は在学当時、静岡市内からの通学生だったという。

同校では6年間、ラグビー部に所属し、「高校3年生当時は副キャプテンとしてキャプテンを支え、対外試合にも多数出場。チームのまとめ役を果たした」(当時の同級生)という。

大学受験では、志望の同志社大学に一浪の末に合格した努力家で、「性格的にも非常に明るく、仲間づきあいのよさで人気者だった」(同)。

杉森教諭によれば、同校のラグビー部は「決して強豪とはいえないチーム」だったが、慶応や早稲田などのラグビー強豪大学にも多数のOBを輩出している。

容疑者も「すぐにレギュラーになれる実力はなくても、名門大学で好きなラグビーを続けられることを喜んでいた」という。

実際、卒業後は母校にたびたび顔を出し、友人が増えたことなどを杉森教諭に報告しており、杉森教諭は「レギュラーとの大きな実力の隔たりを見て、生活が荒れてしまったのではないか、という人もいる。しかし、そうは思いたくない。むしろ、人づき合いのよさから、暴走のストッパーになれなかったのではないか」と話している。

同校では14日午後、関係者からの事件の連絡を受けて、現役のラグビー部員たちにも不祥事を説明し、「動揺しないように」と指導した。

「指導者として被害者や同大に対し、申し訳ない気持ちでいっぱい。本人に対しては、迷惑をかけた方に素直にわび、反省して、1日も早く更正の道を歩んでほしい」と杉森教諭は苦渋の表情で語っていた。

アイドルから○○まで!!気になる方はコチラから

スクープ!!!あの巨乳アイドルA・Yの○○撮り動画が流出!!!詳しくはコチラ
動画提供【芸能広場geinou-hiroba.com】様
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。